きらきら星幼稚園ロゴ
 
きらきら星幼稚園の教育
 
子育て支援
 
こんな楽しいことあるよ
 
きらきら星プロムナード
 
園長ノート
 
アクセス
 
 

きらきら星幼稚園の教育

「大きくなるって、どんなこと」 幼稚園で、子どもが「おおきくなったんだもん!」と得意そうに言うときがあります。 そんな時、子どもは、とても 自信に満ちて、笑顔が輝いています。 大きくなると言うことは、ただ、年齢がふえたり、体が大きくなったり、 何かができるようになるということではありません。 子どもが、さまざまな体験の中で、自分で自分が誇らしく思えるような、 「実感を持つ」ことだと思っています。きらきら星幼稚園は、 そのような子どもを育てるために、 次のことを大切にして教育を進めています。

「ネイチャースクール」 きらきら星幼稚園の子どもたちは、近くの海や山や森や川で遊ぶ体験がとても多くあります。幼児が、自然体験を園生活のなかで、十分にできていく教育プログラムをつくって、「生きる力」を育てています。

「キーワード」 きらきら星幼稚園のカリキュラム(教育計画)は、まさに手づくりカリキュラムです。幼児の発達をうながす3つのキーワード「基底となる生活」「総合活動」「課題にむかう活動」を元に、日々、きらきら星幼稚園の教師が、今、そこにいる子どもたちを、しっかり見つめながら、カリキュラムづくりをしています。一人ひとりの子どものための手づくりカリキュラムです。

「幼稚園づくり」 きらきら星幼稚園は、子ども一人ひとりが、のびのびと育つ環境とは何かを考えながら園舎や園庭を、毎年、進化させてきています。たとえば、園庭の遊具も、子どもの実態に合わせた、木製の手づくりのものです。また、数多くある木々の配置や種類も、その教育的効果を考えながら育ててきています。子どもが子どもの時間をいっぱい呼吸できるような幼稚園を創っています。

「わらべうた」 きらきら星幼稚園では、「わらべうた」と「絵本」を大切にしています。なぜなら、その二つは、幼児期の育ちを無理なく、そして確実に支えていくからです。幼児期にふさわしい感性の教育を進めていくためにはどちらも絶対に欠かせない教材といえます。

(C) Copyrighted By 学校法人 黒田学園・きらきら星幼稚園. All Rights Reserved.